女性にとって実は気を付けておきたいブラジャー選び。

女性とブラジャーは切っても話せないものではないかと私は思っています。
そして、ブラジャー選びは心地よい生活や胸の問題そのものにもかかわることだと思っています。
私は胸は小さい方です。
選ぶブラジャーもAカップを選んでいました。
同時に胴回りは太目だとも思っていましたから、それに応じたサイズを選んでいたのです。
しかし、いつも購入しているお店以外で購入しようと思った際、そのお店にはブラジャー選びの再アドバイスをしてくれるスタッフの方がいらっしゃったらしく声をかけられました。
アドバイスはバストのサイズや胴回りのサイズ。
胸の形などからどんなブラジャーがいいのかという話から、個人的に苦手な形のブラジャーがある場合には相談内容に応じたものを選んでもらえるというものでした。
とはいえ私は一番小さいAカップで、胴回りが大きめのものであれば特に問題もなく、要望もないということでどうかわすべきかと考えていたのですが。
ただ、その時陳列場所に私が使っているサイズのブラジャーがないということもあり話しかけたのです。
しかし、購入したいサイズなどを話していると、今まで考えたこともなかったことを指摘されたのでした。
場所は移って試着室でサイズをまず図ることになりました。
もともとあまり締め付けることが出来ないので大きめのサイズを購入していたわけですが、今売られているブラジャーならばそんな問題はないということをまず話されて採寸した結果、私は大きすぎるブラジャーを選んでいたそうなのです。
というのも、適度にピタッとフィットしていないブラジャーはずれてしまい、何のためにしているのかわからない状態になってしまい、結果的に胸の形が悪くなってしまうそうなのです。
ただここで私は「Aカップで形の良し悪しがあるものなのかしら?」と考えたのですが、関係があったようです。
採寸してみると”何もしていないと”Aカップですが、実際にはCカップが適したサイズだという話です。
そんなはずはないと首をかしげていましたが、そもそも胸は胸部の脂肪であり、ブラジャーはそれらを無理なく固定するものなので、横にはみ出た利した分も図った結果がAカップではなかったとのことです。
要するに寄せて上げるということです。
しかし言われてみれば、「ダルンッ」とした部分をはみ出させたままでは”胸全部”が収まっていない状態なので意味がないのです。
しかも胸の上部もある程度覆う形になるくらいが本来はちょうどいいそうなのです。
適度な締め付けとサイズの合ったブラジャーは姿勢もよくなるそうで重要なのだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です